日本コミュニケーショントレーナー協会

Home > 学校 > 日本コミュニケーショントレーナー協会

NLPスクール『日本NLPアカデミー』| NLPの学び方・資格・ガイドブックを無料提供


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

NLPスクール『日本NLPアカデミー』は、創始者リチャード・バンドラー米国NLP協会の認定コースを開催。また、NLPの学び方・資格・ガイドブックを無料で提供

心理カウンセラーとは、今の時代に非常に多い精神疾患が発症した患者や、悩みを持った方などのカウンセリングを実施するのが業務になります。 精神科医と異なることから、処方箋もしくはお薬を出す事は不可能ですが、職業として公認されています。 資格として、臨床心理士 があります。カウンセラーの中にあっても難易度のとても高い資格です。公立学校などで心理カウンセラーという立場で勤務することができます。 また、スクールカウンセラーは呼び方の通り、それぞれの学校で成果を挙げている心理カウンセラーになります。 さらに、産業カウンセラーは会社において心理カウンセラーという立場でサラリーマンのメンタル的な援護を行うのが業務内容です。このような心理カウンセラーとNLPの相違について理解することは重要になります。 心理カウンセラーについては、通常の場合職業という形で患者のカウンセリングを実施するのが業務です。 自己分析、あるいはコミュニケーション能力を高くするためのNLPとの大きな相違点はその部分にあるといえるでしょう。 うつ病もしくは精神病を患っている方や周りの方に言うことができないとても大きな悩み事を持っている方を理論をベースにして心理相談していくのが心理カウンセラーといえます。 一方NLPは、自分自身の心配事のみならず、他人の悩み事についてもアドバイスを行なうことができるでしょう。 それに加えて、対人関係の構築や修復にも使用することができることから、スマートな生き方をするためのテクニックと言っていいでしょう。 しかしながら、心理カウンセラーの様に精神病を患っている方に対してのカウンセリングはすることはできません。 精神病についてのテクニックは学びませんし、精神病で利用される薬の技能も学びません。 以上のように、心理カウンセラー及びNLPの違うところは、精神病で悩み苦しむ患者を救う事が可能かどうかと言えるでしょう。
『関連情報:NLP