JAPANDOGACADEMY

Home > サービス業 > JAPANDOGACADEMY

ドッグトレーナースクールは専門学校の『ウィジードッグアカデミー』


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドッグトレーナースクール、専門学校ウィジードッグアカデミー。ドッグトレーナーやドッグセラピストを目指す人へのカリキュラムが充実、ドックスペシャリストを養成する専門学校です。無料学校見学・説明会も実施中!ぜひお越しください。

ドッグトレーナーの仕事がしたいと考慮した時、数多くの人がそれなりの専門教育をスクールを有効に活用して受けようとします。スクールで勉強する場合に、通信教育か、あるいは専門学校で勉強するかを迷う場合があります。あらためていうまでもなく、この仕事は、特別な資格はいりません。国家資格がないことから、縛りはありません。 通信教育のスクールであっても、学ぶことはできます。色々なコースがありますが、現実に犬と接することができるものもあります。通信教育は実践にあまり強くないといわれていますが、しっかりとしたプログラムのものを選べば克服できるでしょう。 通信教育は、個人個人にフィットしたペースで学ぶことができるのがメリットです。時間的拘束があまりなく、適したアプローチで学べます。それに加えて、コストも相対的に安いため金銭的にゆとりがない人でも受けやすいのが特徴です。 しかしながら、現実に犬に触れ合えるとは言っても回数や経験という事では専門学校に及びません。 一方、専門学校を踏まえての学習は、通信に比較して犬と触れ合える局面が非常に多く実用的といえます。現実にドッグトレーナーという立場で躍動していくことになった場合に活用できる専門的な知識やテクニックを学べることから、就職後のとまどいが多くないことが素晴らしいところです。 一層正しく、更に時間をかけて、丁寧にドッグトレーナーの形でのトレーニングを積みあげることができるのが専門学校のアドバンテージといえます。 それに加えて、志が同じ人と一緒になって学習し指導を受けるため、意欲の低下に影響を受ける挫折を防止することもできます。専門学校でフレンドリーになった人が継続的に、仕事並びにプライベートでサポートしてくれることもあるでしょう。 しかしながら反面、専門学校を踏まえての講義につきましては、必然的に学校というスタイルをとる以上、サラリーマンは通い難くなっています。

注目キーワード

負け犬
けんかに負けて、しっぽをまいて逃げる犬。比喩的に、勝負、競争に負けてすごすごと引き下がる者。 「―は吠える」「―根性」 -映画字幕では"loser(ルーザー)"を「負け犬」と訳している場面が多く見受けられる。 -第...
犬小屋
室外犬をペットとして飼う際に、犬の住居として用意する小屋のこと。ドッグハウス。