株式会社シグマテック

Home > サービス業 > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

大学などの研究機関だけでなく、企業の間でも微生物の培養が行われるようになっています。とりわけ近年その流れが加速している状況といえるでしょう。研究と技術の進歩によってさまざまな微生物が健康・美容に活用されるようになっているだけでなく、培養装置もさまざまなものが作られるようになり、以前よりも培養を行うハードルが低くなっている点も理由として挙げられます。 微生物とはその名前の通り「非常に小さい生物」のことです。基本的には人間が肉眼で判別するのが難しいサイズの生物のことを指して使われます。具体的な種を指す用語ではないので実際にはさまざまな生物が微生物という名称で呼ばれていることになります。 よく細菌と微生物が混同して使われることもありますが、簡単に言えば細菌は微生物の一種という扱いになります。細菌には大きく分けると古細菌と真正細菌の2種類がありますが、もちろんどちらも微生物と呼ばれます。細菌のほかには藻類や菌類といった生物もサイズが小さいものは微生物として扱われるほか、ウイルスや単細胞生物なども微生物に分類されることもあります。 このように微生物の分類そのものが非常に幅広いため、その培養といっても方法や行うための環境はさまざまです。微生物の培養が難しいのはそれぞれが存在・棲息している環境にできるだけ近い環境を人工的に再現する必要があることです。基本的に培養はそのために開発された培養装置で行われますが、扱う微生物によって使用する培養装置にも違いがでてきます。例えば空気を好む好気性、嫌う嫌気性それぞれに向いた装置、高粘度の培養が可能な装置など。さらに植物から抽出された細胞か動物から抽出された細胞かによっても使用する装置が違ってきます。冒頭で挙げたように近年では技術の進歩でさまざまな機能を兼ねた培養装置も登場し、以前に比べると行いやすくなっている面もあります。 微生物の培養によって再生医療やエイジングケアなど美容への活用が期待できるほか、微生物が現在でもまだ知られていない有用物質を作り出している事実を発見するといった効果・効能が期待できます。今後微生物の培養と研究はますます広い範囲で行われていくことになるでしょう。

注目キーワード

病院送り
格闘技などで相手選手に大怪我を負わせる事。
野戦病院
戦場に置かれる病院。
『関連情報:培養装置メーカー