株式会社シグマテック

Home > サービス業 > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


リサイクルの関連情報

リサイクル(英: recycle)とは、「再循環」を表す概念で、具体的には、廃棄物等を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれる。同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用についても広くリサイクルに位置付けられる。 リデュース(reduce、減量)、リユース(reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

大学を卒業後、出来れば東京で就職したいと望んでいた。今時1人っ子だろうが何だろうが、家を継がなければならないとか考えたこともない。友人たちもそうだったし、自分自身もそうすると決めていたのだ。大学で専攻していたのは国際コミュニケーション関係で、将来は海外を飛び回って仕事をする自分を思い描いていたのだ。その自分の夢が崩れたのはつい先週、母からの1本の電話がきっかけだった。 「お父さんが交通事故にあって入院した」という、母の取り乱した声を今でも覚えている。命に別条はなかったものの、足に障害が残るだろうということだった。その瞬間、自分の夢を手放すしかないと覚悟を決めたのだ。母と病院に行った帰り、本屋の前で降ろしてもらう。別に何か買おうと思っていたわけではなかった。そこで、彼に遭ったのだ。 彼は中学校の時の同級生で、結構仲良くしていたのだ。中学を卒業後は、機械系の高校に進学したはずだった。本屋で声をかけられ、併設してあるカフェに寄った自分たちは、しばらく同級生たちの消息話に夢中になった。自分の話はどうしても愚痴混じりになってしまう。「だから、これから仕事探しだよ」黙って聞いていた彼が、遠慮がちに聞いてくる。「営業は嫌かい?うちの会社、今募集しているぞ」それから、彼が働いている会社のレクチャーを受けたのだ。 株式会社シグマテック、化学や医療関係の機械設備の設計や製造を行っている。彼はここで出来上がった機械の試運転やチェック、管理などを行っているという。「いずれは自分で図面をひいた設備を世に送り出すのが夢だ」どちらかというと聞き役の彼の瞳が、この時面白そうに瞬いた。「君なら、大歓迎だと思う。それに君は不満かもしれないが、君の夢はここでも叶えることが出来るんじゃないかな」彼の訥々とした語り口が身にしみる。やりもしないうちから不満ばかりを口にしているようでは、先が思いやられると言うものだよな。そんなんでは、どこにいても何も出来やしないだろう。今日偶然彼に出会った意味が、分かったような気がした。

注目キーワード

リサイクルショップ
古物商の一種。中古品や未使用品などを売買する業態の店舗のことを指す。主に家電や衣類などを取り扱っている。 日本では開業する場合、古物営業法によって店舗がある都道府県公安委員会(窓口は警察署)の許可が必......
リサイクル・セックス
恋愛カウンセラー・作家の安藤房子の著書「リサイクル・セックス〜元彼や男友だちと気軽にセックスする女たち〜」。 女性が元彼や男友達など、自分にとって身近な男性と“ついつい”してしまうセックスのこと。 彼氏......