PULLUP

Home > ハウス > PULLUP

株式会社プルアップ|一棟RC収益物件に特化した不動産投資


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

株式会社プルアップは一棟RC収益物件に特化した不動産投資専門会社です。出口戦略のことなら弊社へお任せください。オーナー様の利益を最大化致します。

「不動産も、これからどうなるのか明るい展望を思い描けないんですよね。人口は減っていくし、空家は増えていくし。あげると言われてもいらない存在になりそうな気がする」そういう懸念は、確かに否定出来ない。ハウスメーカーはこれまで新築を煽ってきたが、そのツケがその内回ってくるんじゃないかという気がする。「ただ不動産は全部ダメかというと、それは早計なのかなとは感じますよ。先日基準地価が発表されたけれど、商業系の1部の土地は上がっているわけですから。訪日外国人旅行者の恩恵を受けたんですね。ただ今後は選別と2極化が進むかもしれませんけどね」 「2極化とは、つまり人が集まらないところは厳しいということです。もっとも都心の住宅地なら、地価が上がらない方が固定資産税が抑えられて、良い面もあるわけです。相続税にしても、安い方が良いんですから。ただし、それは売るに売れない状況と紙一重、不動産は相続したくないなんてことにもなりかねませんが」そう言われてみると、最近そういう本をよく目にするような気がする。 「だから不動産に投資するならば、人が集まるところにある物件です。人が集まるところと言えば、まずは駅でしょうね。この条件を満たすマンションの1部屋、1棟に投資すること。いきなり1棟は…と思うなら、1部屋から始めてもいいですね」そう一気に話すと、彼はコーヒーに手を伸ばした。「でも買ったマンションの部屋のリフォームもする必要がありますよね?」私がそう言うと、彼が一瞬私を睨みつける。「世の中に、リスクがない投資なんてないんですよ」 「ダメ、あなた営業に向いてないと思うわ」私はズバリと指摘する。先日投資の相談をしたプルアップの方が、全然話しやすかった。と言うより、「あなたは自分が説明しているだけで、お客様に話をさせていない。成績が伸びないのも、その辺りに原因があるんじゃないの?」「はっきり言うなあ、姉貴は!」「そりゃあそうよ、休日にこんなロールプレイに付き合わされているんだから!」